三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    発送までの日数:3日以内
    ¥ 2,700

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。 (「主と『添い寝が』してみたい」であったとも) 歌は遊郭の遊女に宛てたもの。 「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。 明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。 ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。 なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。 このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。 鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。 最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。 重厚なテーマの割に、増え続ける鳥をひたすら殺したり押しつけたりする、テンポの良いパーティゲームです。 イラストは妖怪を得意とされる「アマヤギ堂」様。 全て描き下ろしのイラストの数々は、眺めるだけでも楽しめます。 実際のプレイ方法やルールは下記の動画をご参照下さい。

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。 (「主と『添い寝が』してみたい」であったとも) 歌は遊郭の遊女に宛てたもの。 「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。 明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。 ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。 なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。 このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。 鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。 最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。 重厚なテーマの割に、増え続ける鳥をひたすら殺したり押しつけたりする、テンポの良いパーティゲームです。 イラストは妖怪を得意とされる「アマヤギ堂」様。 全て描き下ろしのイラストの数々は、眺めるだけでも楽しめます。 実際のプレイ方法やルールは下記の動画をご参照下さい。