三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 2,700

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。 (「主と『添い寝が』してみたい」であったとも) 歌は遊郭の遊女に宛てたもの。 「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。 明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。 ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。 なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。 このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。 鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。 最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。 重厚なテーマの割に、増え続ける鳥をひたすら殺したり押しつけたりする、テンポの良いパーティゲームです。 イラストは妖怪を得意とされる「アマヤギ堂」様。 全て描き下ろしのイラストの数々は、眺めるだけでも楽しめます。

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。 (「主と『添い寝が』してみたい」であったとも) 歌は遊郭の遊女に宛てたもの。 「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。 明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。 ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。 なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。 このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。 鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。 最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。 重厚なテーマの割に、増え続ける鳥をひたすら殺したり押しつけたりする、テンポの良いパーティゲームです。 イラストは妖怪を得意とされる「アマヤギ堂」様。 全て描き下ろしのイラストの数々は、眺めるだけでも楽しめます。